トップページ
>
ホームページ制作
>
事業の定義づけとホームページ

事業の定義づけとホームページ 御社の事業を正しく定義づけすると、ホームページに魂が宿ります。

「事業の定義づけ」の正しい方法

このホームページをご覧のあなた様は、ご自身が販売されている製品やサービスについて、「事業の定義づけ」はなされているでしょうか? もし、まだであれば、事業を定義づけしてみてください。事業の定義づけとは、「わが社の事業を一言で言い現わすと何になるか?」です。そのポイントとしては、事業を機能で定義することです。

例えば、食品のラッピングの専門会社があったとします。魚やお肉をラッピングする包装を販売している会社です。その会社に「あなた様の事業は何ですか?」と聞きかれたら何と答えますか?「私たちの事業は食品のラッピングだ!」と言ってしまえば、食品のラッピング以上の事業にはなりません。そこで

「事業の持っている機能で、事業の定義づけをする」

では、ラッピングの機能とは何でしょうか? それは「品質保全」です。ラッピングの持っている「機能」から事業の定義づけをすると、「私たちの事業は品質保全だ!」ということになります。品質保全ということであれば、他にもいろいろな仕事が発生します。食品のラッピングだけでは、販売先のお客様は決まった業者しかありませんが、品質保全ということであれば、食品だけではありません。免許証のラッピングも品質保全になりますし、電線の被覆も品質保全です。事業をきちんと定義づけすることによって、そういった事業展開が可能となります。

食品ラッピングの会社でなく品質保全の会社

事業の定義づけがきちんとできた会社のホームページ

するとホームページの内容はどうなるでしょうか? 単に、お客様から言われた通りにホームページを作る制作会社にホームページを依頼したら、食品のラッピングを新しいお客様に販売しようということしか発想として浮かびません。ところが、事業の定義をきちんと明確にしていくことができれば、他業界にも横展開をするという「多業種化」をすることが可能となってきます。そうなってくると、新しい商品が生まれてきますので、食品業界だけにラッピングを訴求するホームページでは物足りないということになります。

私たちの考える「いい!」ホームページ」には、社長様の熱い想いを載せます。食品のラッピングを例にしますと、「食品のラッピングの販売を通じて何をお客様に提供しているか?」ということを明確にします。例えば、「食品のラッピングの販売を通じて、食中毒のない安全・安心な食品を提供する」ということかもしれません。

ウェブマーケティングテクノロジーの事業は、「インターネットを活用して、お客様の企業価値を高めること」と定義づけしています。お客様の企業価値を高めるために、お客様の事業の定義づけをお客様とともに考えることもあります。また、私たちの仕事は、単にかっこいいホームページを作るだけではありません。質問力でお客様の熱い想いを引き出して、お客様の未来の姿を表現し、成果の出る「いい!ホームページ」を制作いたします。


ホームページ制作に戻る。

電話/お問い合わせフォーム