トップページ
>
ホームページ制作
>
経営者が知っておきたいホームページのコストの考え方

経営者が知っておきたいホームページのコストの考え方 ホームページ制作費は、いくらなら高いと感じますか?

経営者が知っておきたいホームページのコストの考え方

ホームページの費用対効果について、「ホームページは、低コストで売上が上がる」と言われるお客様もございますが、このことはほぼ10年ほど前に流行った言葉です。大きな企業では、ホームページが1個だけということはほとんどなく、製品やサービスごとにホームページを作ってブランディングをしています。

しかし、今ではホームページ1個当たりの単価が下がってきているので、小さな企業でも、ホームページを複数持つ企業が増えてきました。私どもでも「ホームページのリニューアル」を考えておられるお客様には「ホームページは1社に1個だと誰が決めたのでしょうか? 今のホームページをそのままにしておいて、複数のホームページを作られたらいかがでしょうか?」と問いかけるようにしております。そのときに、直観力のあるお客様は「はっ!」とされるようです。

さて、ホームページを持つとなると「ホームページの制作費は高い!」と考えておられる方も多いと思います。お客様によっては「10万円でも高い」とお考えの方もいらっしゃれば、「100万円という安さでいいのですか?」と聞かれる方もおられます。この差は何かと言いますと、会社の財布事情にもよりますが、実は「営業・販売のキャパシティ」なのです。

営業・販売のキャパシティとは、例えば小さなお店でたくさんのお客様がご来店くださったときのことをお考えください。「そりゃ嬉しいよ」とお考えのお客様もおられることでしょう。ところが、「困る」とおっしゃる方もおられます。それは、「たくさんのお客様に対応しきれない」ということであり、場合によっては「黒字倒産する可能性があるから」です。黒字倒産とは、簡単に言えば売上が立っていても、現金回収が遅れてしまって、資金繰りが悪化してしまうということです。嬉しい悲鳴ですね。

さて、お金をたくさん掛けて、それこそ売上がとことん上がるホームページを作ったとしても、小さな会社であれば、北海道から沖縄まで広い範囲でお客様が来てしまったら、その対応をするだけでも大変だと思います。ですから、小さな会社は小さな会社なりのホームページというものがあると考えております。そういった経営のことを含めた、ホームページの費用対効果というものがあると思います。

つまり、ホームページは広告宣伝の一環ですので、広告宣伝の費用対効果が、社長様の閾値を超えるのであれば、GOサインが出ると思いますし、「いまいちだなぁ」と思われるようであればホームページ制作を延期するということになります。

まとめますと、ホームページのコストは「10万円だから安い」とかの金額ではなく、「わが社にとって費用対効果が、ある閾値を超えているか?」で安いか高いかをご判断なされた方が良いです。また、「ホームページは1社に1個だと誰が決めた?」ということと掛け合わせて、「ホームページを企画・提案してもらいたい。」と何社かに打診したときに、「内容がよければ2~3社にそれぞれ1個ずつホームページを作ってもらっても良いのではないか?」と、斬新な提案もしております。もし2~3社に発注するとしたら、どこのホームページ会社の企画・提案がいちばん成果を出すか、それらの会社の競争になって面白そうですね。


ホームページ制作に戻る。

電話/お問い合わせフォーム