トップページ
>
ホームページ制作
>
ホームページ制作でよく使う専門用語

ホームページ制作でよく使う専門用語 専門用語を知っていれば、打ち合わせもスムーズに進みます。

ホームページ制作で使われる専門用語はたくさんあります。そういった用語を知っていれば、ホームペーいでの打合せがスムーズになります。数ある用語の中でも、ホームページの打合せなどでよく使われる専門用語についてご説明したいと思います。

URL

「http://web-mt.com/」のようなホームページのアドレスのことです。

ドメイン

上記のURLの中で、「web-mt.com」の部分のことをドメインと言います。「ドメイン名」と言う場合もあります。

コンテンツ

ホームページ制作でコンテンツと言えば、ページ内に書かれる文字のことや画像のことを指します。

右カラム、左カラム

ホームページのコンテンツが左右に分かれているときに、右側の部分を「右カラム」、左がわの部分を「左カラム」と言います。

ナビゲーション

ページのヘッダーや横側、もしくはフッターにある、いろいろなページへのリンクが固まって置かれている部分のことを「ナビゲーション」と言います。略して「ナビ」と言う場合があります。左カラムにナビゲーションがあるときは「左ナビ」、右カラムにナビゲーションがあるときは「右ナビ」と言うことがあります。

下層ページ

トップページ以外のページのことを下層ページと言います。トップページから見ると下の層に位置づいているページということで、下層と言っています。

ディレクトリ

Windowsで言う「フォルダ」と同じような意味です。サーバー用語では「ディレクトリ」と言っています。

ソース

ホームページを作るためにプログラミングされたHTMLのデータのことです。

ブラウザ

ホームページを見るためのソフトウェアのことです。Windowsでは、InternetExplorerやCharomeなどがあります。MacではSafariを使っている人が多いと思います。ホームページを作ったときには、これらのブラウザでデザインが崩れていないかを表示チェックをします。

アンカー

リンク部分のことをアンカーと言うことがあります。

アンカーテキスト

文字をクリックすると次のページに行くような、アンカーが設置してある文字列のことを「アンカーテキスト」と言います。SEO対策でもよく出てくる用語の一つです。

これらの他にもたくさんの用語がございますので、「ホームページのことを勉強したい」とご所望されるお客様には、専門用語も丁寧にお教えしております。


ホームページ制作に戻る。

電話/お問い合わせフォーム