トップページ
>
ホームページ制作
>
コンバージョンにつながる5つのポイント

コンバージョンにつながる5つのポイント ホームページで成果を出すための方法を、こっそりお教えします。

成果達成

ホームページで売上を上げたい場合には、ホームページに訪れた人に「何を伝えたいか?」をきちんと決め、それを訴求することが大切です。「わが社の商品は、こういったところがいいですよ」とか「今ならお買い得です」など、そのような情報を伝えるわけです。

次に、「どういった行動を取ってもらいたいか」を決めます。「訪問者に、願ったように行動してもらえること」それがコンバージョンです。せっかく商品やサービスの良さを訴求しているので、お問い合わせや購入に繋げたいところです。ホームページでの「コンバージョン」には、商品のお買い上げや資料請求、お問い合わせ、メルマガ登録などの申し込みをするなど、いろいろなコンバージョンがあります。

ここでは、ホームページに訪れた人がコンバージョンにつなげるための5つのポイントをまとめました。次のような5つのポイントがホームページで記載されていれば、成果が出るのではないかと思います。


1.得られるもの

あなた様の商品やサービスを購入したら得られるものは何でしょうか?

例えば、経営コンサルタントがホームページでコンサルテーションを販売したいと思います。ホームページに「コンサルテーション受付中。お気軽にご相談ください。」と書いてあったとします。するとホームページの訪問者は、「経営コンサルタントだということはわかりました。では、どのようなコンサルティングをしてもらえますか?」と質問したときに、「注文して頂かないと、その内容は明かせないのです。」と言われたら、なかなか注文しにくいと思います。「私どもは、このようにコンサルティングを行います。その結果、このようなものが得られます。」と書いてあれば、「お願いしてみようかな?」という気が起こりやすいと思います。

2.強み

ネット検索は時間と空間を縮める効果があります。ネット検索の結果、場合によっては北海道の業者と沖縄の業者が順位結果でお隣さんになっていることもあると思います。商品を購入しようと思っている訪問者は、検索結果の10位までの企業を見比べながら、どの業者の商品を購入しようか決めます。

どの業者の商品を買うかを決めるときの要素としては、「商品説明がしっかりされているか?」や「値段が一番安いか?」、「他にはない特色はあるか?」などの比較します。それらを、「競合他社にはないオンリーワンを表示しているか?」と言い換えることができます。これが強みです。

例えば、商品説明であれば、他の業者は商品説明がほとんどないのであれば、きちんと商品説明をしている業者が有利です。値段については、同じものを販売しているのであれば、価格重視だと思います。何か特色があれば、その特色を気に入れば、多少値段が高くても購入するかもしれません。はたまた、その業者にしかできない独占品であれば、どのような値段であっても必要であれば購入されると思います。

3.理由

先ほど紹介した要素の「得られるもの」や「強み」について、その理由を書くとより信頼感が出てきます。例えば、スキンケア用品を販売しているのであれば「話題の保湿成分、ヒアルロン酸を配合」や「特許成分配合」、「リピート率業界No1」という理由もあると思います。

4.お得感

お得感は、「ネットご予約に限り20%OFFセール実施中」という具合に、お客様をコンバージョンに結び付けるために、背中を押すものです。必ずしもお得感が必要なわけではないですが、ネット専用の特典を付けるところは、いろいろと工夫をしているようです。

5.落としどころ

お客様にどのように行動してもらいたいかです。「資料請求」なのか「商品の購入」なのか、メルマガ登録ということもあると思います。電話もあります。そういった落としどころをはっきりさせることが大切です。

私たちは、まずはお客様の業界や事業を把握、定義づけをし、これらの5ポイントを基本としながら、どのようにお客様の商品やサービスをPRしたらよいかを徹底的に考えてホームページを作ります。この5つのポイントを明確にするために、専用フォーマットをご用意しております。ホームページの企画会議で、この専用フォーマットを使ってお客様もまだ知らない自社の強みを発見でき、とても感動されることもあります。まだ知らない自社の強みを発見し、それを顧客に知って頂けるような「いい!ホームページ」を作りませんか?


ホームページ制作に戻る。

電話/お問い合わせフォーム