>
>
検索結果の企業防衛

検索結果の企業防衛 検索結果の悪口は、小企業ほどダメージが大きいです。

経験上、中小企業ほどネット誹謗中傷が出る前に対策をした方が良いです

最近は「ネットからの企業防衛」をよく耳にするようになりました。私たちは、ネットからの企業防衛を最初に言い出した企業だと自負しております。それは、「ネット誹謗中傷が出る前に対策をする」という発想です。企業を相手とする「B to B」よりも、個人相手とする「B to C」の商売をしていますと、誹謗中傷をブログや掲示板に書かれることがあります。例えば、ブログで「どこどこの料理店は、料理に異物が入っていた」とか、「どこどこの店長は最悪だ」とか書かれていたら、どうでしょうか?

ネット検索でお店を探すときには、そのお店の評判を調べることがありますが、そこに書かれた評判を気にしない人であればよいのですが、若いネット世代ほどネットでの評判を気にすることでしょうし、その評判が間違ったものであったとしても、それを信用してしまうかもしれません。

ブログや掲示板など、ネットでの書き込みは匿名で書き込むことができます。それゆえに、その記事の責任を責められることがほぼないと言えます。そのため、書き込む側の人は、人生経験の浅い人ほど後先のことを考えない、もしくは思いつきもしないで書き込むこともあるでしょう。また、何か商品を購入したりサービスを受けたりしたときに、店側の不手際でどうしても腹が立って仕方のない人は、匿名でネットに使命感を持って悪評を書き込むこともあります。

今すぐ、自社名でネット検索をしてください

GoogleやYahooなどの検索エンジンで、あなた様の社名で検索をしたことはございますか? まだ、一度も自社名で検索をしたことのないかたは、今すぐGoogleとYahooでそれぞれ自社名を入力して検索をしてみてください。

そうしたときに、自社サイトは1個しかないにもかかわらず、自社サイト以外のホームページが8件~9件ヒットすると思います。そういったところに、誹謗中傷のブログなどがヒットしていたらどうでしょうか?

最近では、大手では当たり前のように広報部が中心となって、ネットを監視しています。また、私どものような専門業者に監視を依頼していることもあります。

「大企業ほどネット誹謗中傷が出やすいでしょう? 私のような小企業は関係ないよ!」

いえいえ。大企業ほど広報などの専門部隊が誹謗中傷対策をしているので、無防備な小企業ほど危険なのです。

実際にあったネット誹謗中傷での倒産事例

実際のお客様で、ネット誹謗中傷によって売上が半減して、倒産してしまった会社もあります。その会社は家族経営で、家族仲良く経営をしていた会社でした。1人の社員に顧客からクレームの電話がありました。その社員は鬱病を持っており、社長にクレームを報告する前に会社を何日か体調不良で休みました。「会社の対応が悪い!」ということで、その顧客がブログで悪評を何度も何度も書き込みました。

会社の社員様がたまたま自社名で検索をしたときに、そのブログが上位ヒットしてきていることを発見しました。その顧客は悪意を持ってブログを書いたことではなく、「1人でも多く、この会社の被害に遭わないようにしたい!」という熱意で、勇気を出してブログを書いておりました。ともあれ、ポストが赤いのも電信柱が高いのも全ては社長の責任です。社長様は猛省され、ブログ記事を書いた方にお詫びに行くなどして、ブログを取り下げてもらったのですが、「時すでに遅し」です。

どのような企業ほど、ネット防衛を考えた方が良いか?

ネット誹謗中傷は、小企業ほど危険だということをお伝えしたく、一つの事例をご紹介しました。やはり、個人相手とする「B to C」の商売をされている方で、小さな会社ほど、ネットで誹謗中傷を書かれたときのダメージは大きいです。

Googleの検索結果での上位は、早い者勝ちという傾向があり、先にホームページを作った人の方が有利となります。つまり、誹謗中傷サイトが出てきてから、それを対策をすることはとても困難なのです。ネット誹謗中傷が出る前に企業防衛、もしくは保険という意味での対策をあらかじめ打っておくと、実際にネット誹謗中傷が出たときに対策がしやすいです。

ネット防衛の施策方法

実際の施策としては、企業名で検索をした結果に、いろいろなホームページが出てきますが、そこを自分たちでコントロールができるページで埋め尽くします。例えば次のようなページが自社名での検索結果に出ていたらいかがでしょうか?

検索結果の企業防衛にご興味のある方や、誹謗中傷で実際にお困りの方は、弊社にご相談ください。また、このような公式ブログや公式Facebookなどの立ち上げや運営についても対応しております。大手企業様や有名個人のお客様など、多数の対策を行ってきました。守秘義務を守りながら誠実に、ご相談に対応させていただきます。まずは、直接お電話をください。

ネット誹謗中傷対策に戻る。

電話/お問い合わせフォーム