>
>
SEO対策でよく使う専門用語

SEO対策でよく使うSEO専門用語 SEO業者との打ち合わせでよく出てくる専門用語をまとめました。

ホームページをSEO対策するときに使われる専門用語はたくさんあります。その中でも比較的よく使われる用語には、次のようなものがあります。

SEOワード

SEO対策をするキーワードのことです。

ソース

ホームページのデータのこととを「ソース」と言います。HTMLソースとも言います。

オルト

画像タグの属性に「alt」というものがあります。これは、オルタネートの略で、代替文字のことです。これを「オルト」と言います。

アンカー

クリックしたら次のページに移動する、クリックできる部分のことを「アンカー」と言っています。アンカーには、文字と画像があります。

アンカーテキスト

文字のアンカーに使われている文字列のことです。

ディスクリプション

ホームページの「概要」です。metaタグに設定します。GoogleやYahooなどの検索エンジンで検索をした結果に表示される、ホームページの説明文になります。

検索ボリューム

GoogleやYahooなどの検索エンジンで検索されている、キーワードごとの月間回数です。「月間検索ボリューム」とも言います。

検索ワード

検索エンジンで検索するキーワードのことです。

検索枠

GoogleやYahooなどの検索エンジンで検索をするときに、キーワードを入力する枠のことです。

コンバージョン

「お問い合わせ」や「資料請求」、「メルマガ登録」など、ホームページの訪問者がゴールに至ることを「コンバージョン」と言います。「コンバージョン率」は「何人の訪問者が何人コンバージョンに結び付いたか?」の割合です。

PV

「ページビュー」の略で、ページがブラウザで開かれた回数です。たいてい月間で計測しますので、「月間PV」と言います。

ユニークユーザー

ホームページの訪問者数です。「ユニークユーザー数」とも言います。「訪問回数」は、同じ人が2回訪れても計測される数字です。ユニークユーザーは訪問回数よりも小さな数字になります。

被リンク

他のホームページやブログが、自分のホームページにリンクを張ってもらっているリンクのことです。「外部リンク」とも言います。

ページランク

Google独自のホームページの評価ランキングです。「評価なし」「0」~「10」の12段階あります。

インデックス

GoogleやYahooなどの検索エンジンが、自分のホームページを認識することを「インデックス」と言います。検索エンジンにインデックスされたページ数のことを「インデックス数」と言います。

もし、これらの専門用語の意味が分からなくても、SEO対策のご注文はいただけます。打ち合わせ等でわからない専門用語が出てまいりましたら、お気軽にお聞きください。丁寧にご説明いたします。


SEO対策に戻る。

電話/お問い合わせフォーム